セレブも愛用する欧米で人気のある「ゴールドフィールド」

「ゴールドフィールド」はゴールドの層に真ちゅうを流し込んだものや、ゴールドの層に圧力や熱によって真ちゅうを圧着させたもので、ゴールド層の質量が総量の1/20以上のものを言います。
主に12kや14kが多く、世間に普及されているフラッシュメッキよりもゴールドの層が厚いので、耐久性に優れておりその色合いを長期間に渡って楽しむことが可能です。
本格的な金によって制作されたジュエリーよりも比較的安価で購入することができるので、アクセサリーやパーツとして人気があります。

「ゴールドフィールド」のメリットは18kより安く、メッキのものより耐久性が強く、色合いを損なわないのが特徴です。
デメリットは永久的に変色しないというわけではなく、ゴールドの層が厚くてもキズや磨耗することで、そこから真ちゅうが酸化する可能性があります。
混在する金属によってはやや赤かったり青かったりします。
層が厚いのでジュエリークロスで表面を磨いて輝きを保つことが可能です。
但し優しく拭いてあげないと、キズをつける可能性があるので注意しましょう。

国産のメッキよりはやや硬めの感じがし、ネックレスの場合はあまり着用し過ぎて肌につけていると、色が次第にくすんでいくので注意が必要です。
リングは摩擦が多くなると劣化し易いので黒ずんでしまい、コーティングが剥がれてしまう可能性があり、手につけるハンドクリームやローションに油分などが含まれているとそれらがくすみや変色の原因となります。
長くきれいな状態で着用するために、皮脂や汗をこまめに掃除することが大切で、乾いた布で拭いたり中性洗剤などでやさしく丁寧にクリーニングしましょう。

金属アレルギーを持っている方の場合、メッキと違って剥げて中の素材が出てくることは少ないので、「ゴールドフィールド」でも着用することができる人がいます。
欧米にある有名ブランドも「ゴールドフィールド」のジュエリーを多く制作しており、世界中のセレブに愛されています。
毎日のファッションアイテムとして気軽にコーディネートすることができるアクセサリーです。