目上の人に贈るべき真珠アイテム

還暦を迎えた上司や結婚される先輩に贈るプレゼントに頭を悩ませたことのある人は少なくないでしょう。
目上の人に贈っても失礼がなく、喜ばれるプレゼントとしてあげられるのが真珠です。
贈り物に最適な真珠の魅力についてご紹介します。
※真珠がプレゼントに最適な理由>>

真珠は結婚式や結婚30周年を記念する真珠婚など人生の大切な節目に必ずといっていい程登場するアイテムとなっています。
冠婚葬祭やパーティーといったかしこまった場からカジュアルな場所と幅広く使うことのできる真珠はプレゼントとして大変喜ばれます。
このようなことから目上の人に最適な、送り主の印象をアップさせることのできるプレゼントなのです。

次に、真珠は女性だけでなく男性のアイテムも豊富に揃っており、幅広いラインナップから選択できるというメリットがあります。
女性へのプレゼントであれば、ネックレスやイヤリング、ブローチやペンダントといったものがあり、真珠の大きさや使用されている数、テリによって価格も様々であり、予算に合ったプレゼントを選ぶことが可能です。
また、コーディネートのし易さから女性の好みに左右されにくいアイテムとなっており、どのようなデザインなら気に入ってもらえるかといった悩みが比較的発生しにくいことが魅力となっています。

男性へのプレゼントとして喜ばれるものには、ブローチやタイピン、タイバーなどがあります。
スーツを着用する機会につけてもらえるタイバーやタイピンは、サラリーマンなどのスーツを着る機会の多い男性に贈るのに最適なアイテムとなるのです。
また、様々なデザインのものがあり、着用することで一気におしゃれ上級者となれるアイテムであるため、喜ばれるプレゼントとなっています。

真珠は女性や男性を上品な装いに仕上げてくれる万能なアイテムであり、美しさをもつ真珠は贈られた人の心をわしずかみにする必勝アイテムなのです。
また、真珠は年齢に関係なく長く使用してもらえることからもプレゼントとして最適なものとなっています。

セレブも愛用する欧米で人気のある「ゴールドフィールド」

「ゴールドフィールド」はゴールドの層に真ちゅうを流し込んだものや、ゴールドの層に圧力や熱によって真ちゅうを圧着させたもので、ゴールド層の質量が総量の1/20以上のものを言います。
主に12kや14kが多く、世間に普及されているフラッシュメッキよりもゴールドの層が厚いので、耐久性に優れておりその色合いを長期間に渡って楽しむことが可能です。
本格的な金によって制作されたジュエリーよりも比較的安価で購入することができるので、アクセサリーやパーツとして人気があります。

「ゴールドフィールド」のメリットは18kより安く、メッキのものより耐久性が強く、色合いを損なわないのが特徴です。
デメリットは永久的に変色しないというわけではなく、ゴールドの層が厚くてもキズや磨耗することで、そこから真ちゅうが酸化する可能性があります。
混在する金属によってはやや赤かったり青かったりします。
層が厚いのでジュエリークロスで表面を磨いて輝きを保つことが可能です。
但し優しく拭いてあげないと、キズをつける可能性があるので注意しましょう。

国産のメッキよりはやや硬めの感じがし、ネックレスの場合はあまり着用し過ぎて肌につけていると、色が次第にくすんでいくので注意が必要です。
リングは摩擦が多くなると劣化し易いので黒ずんでしまい、コーティングが剥がれてしまう可能性があり、手につけるハンドクリームやローションに油分などが含まれているとそれらがくすみや変色の原因となります。
長くきれいな状態で着用するために、皮脂や汗をこまめに掃除することが大切で、乾いた布で拭いたり中性洗剤などでやさしく丁寧にクリーニングしましょう。

金属アレルギーを持っている方の場合、メッキと違って剥げて中の素材が出てくることは少ないので、「ゴールドフィールド」でも着用することができる人がいます。
欧米にある有名ブランドも「ゴールドフィールド」のジュエリーを多く制作しており、世界中のセレブに愛されています。
毎日のファッションアイテムとして気軽にコーディネートすることができるアクセサリーです。

夢じゃない!希少な真珠のリング

美しく上品な印象を与えてくれるパールのリングは、年齢問わず着けることのできるアイテムです。
ここでは希少価値の高い真珠のリングをご紹介します。

まず最初にあこや真珠のリングがあげられます。
冠婚葬祭でも着用することのできるあこや真珠は、どんなシーンでも使うことができる万能なジュエリーです。
一言にあこや真珠といってもグレー系、ブルー系、ホワイト系、ピンク系と様々です。
その中でも花珠真珠と呼ばれる真珠は本真珠の最高品質といっても過言ではありません。
テリや巻き、キズ、形の条件の良いものしか花珠真珠と認められず、希少価値の高いものとなっています。

そんな花珠真珠のリングは一生使い続けることのできるジュエリーであり、着物やドレスなど幅広いスタイルにコーディネートすることができます。
脇石にダイヤのついた華やかなものや、シンプルなリング枠のものなど様々なデザインが取り揃えられており、幅広いデザインから好みの一点を選ぶことが可能です。
花珠真珠のリングは他のあこや真珠と比べると価格は高くなるものの、ひときわ美しい輝きで手元を華やかにしてくれる真珠となっています。

次に神秘的な黒い輝きが特徴のタヒチパールのリングをご紹介します。
タヒチパールはあこや真珠と比較すると大ぶりなものが多く、華やかなデザインのリング枠や、白蝶パールと組み合わせたパールの2点使いのリングなど、バライティーに富んだデザインが魅力となっています。
その中でも孔雀色のようなグリーン系の色を秘めたピーコックグリーンパールのリングは希少価値の高いものとなっており、独特の深い味わいが特徴です。
黒い色味であることからどんな色の服にも合わせやすく、使い勝手の良いリングとなっています。

これらの花珠真珠やピーコックグリーンパールなどの希少な真珠は、ネックレスとなると多くの珠数が必要となってくるため非常に高価なものとなり、なかなか手に入れることができません。
しかしリングは1珠で作ることが可能なため、比較的手に入れやすい価格帯となっているのです。
とっておきのパールを手に入れるには、リングから探してみるのがおすすめです。

当ブログがおすすめするパールリング取り扱いショップ